主要メンバーのご紹介

当社主要メンバーの略歴をご紹介します。

豊島 俊弘

代表取締役

日本政策投資銀行(以下、DBJ)に1985年に入社。グロース・クロスボーダー投資グループ長や、世界銀行上級民間セクター専門官等を歴任。
2005年以降は、DBJで成長投資を担当すると同時に、創設メンバーとして当社に参画。2008年に代表取締役に就任。Mercuriaの発展を主導。
DBJでは不動産証券化・PFI・事業再生業務の立ち上げを行い、世界銀行ではアフリカ諸国の国営企業民営化に携わる。
東京大学法学部卒、マサチューセッツ工科 大学不動産修士課程都市計画修士課程修了。

石野 英也

取締役

ソロモン・ブラザーズに1986年に入社。ソロモンでは、黎明期の派生商品取引やそれを用いた案件組成で活躍。
2000年以降は主にネット企業を中心としたVCに従事した後、自ら経営側に立ち、国際間の JVやM&Aの当事者としての経験も積む。
ベンチャー企業への投資や経営を経て、2008年に当社に参画、2010年より取締役に就任。新規AUMの獲得を含む、Mercuriaの業容拡大に貢献。
東京大学教養学部卒。

小山 潔人

取締役

DBJに1990年に入社。
DBJの企業投資部の創設に携わり部門拡大を主導。国内では、バイアウト案件を中心に多数の案件を手掛け、豊富なトラックレコードを創出。2001年には日本初のDIPファイナンスを実行し、その後のDBJの事業再生分野の事業立上げに貢献。クロスボーダー投資を通じて、東南アジアに強い人脈を有する。2005年より創設メンバーとして当社に参画し、2008年より取締役に就任。
東北大学 法学部卒、コロンビア大学 Professional Fellow Program 修了。

中井 竜馬

執行役員

ソロモン・ブラザーズ、チューダー・キャピタル・ジャパン、日興シティグループ証券、あすかアセットマネジメントを経て、2014年に当社に参画。
ソロモンには1988年に入社。自己勘定取引部門において金利商品相対価値取引を手掛け、以後、利回り商品を中心としたファンドの運用や管理・設立に携わってきた。
東京大学法学部卒。

許 暁林

Managing Director

KPMG(上海)、リーマン・ブラザーズ(東京)を経た後、KPMG税理士法人(東京)やキャスト・コンサルティング等で数多くの日中間M&A案件に携わり、法律・税務・ビジネスから実務に及ぶまで幅広い分野におけるコンサルティング業務に従事。
2008年より当社に参画し、日中間の企業投資・M&A案件の中心的役割を担う。
上海交通大学管理学院、一橋大学商学研究科経営学修士。

澁田 優一

Vice President

PwCコンサルティング、IBMビジネスコンサルティングサービス、KPMG FASにて、戦略コンサルティング・M&Aサービスに従事した後、2008年に全日空に入社。
2013年には、ANAホールディングスとバニラエアの 経営企画を兼務。経営計画の策定や、為替・ 燃油ヘッジ方針/航空機の選定等に携わる。LCCでは、設立時より経営戦略立案からオペレーション構築まで携わり、中心的役割を果たした。
2015年より当社に参画。
東京理科大学卒、オハイオ州立大学卒。

滝川 祐介

管理部長

第一勧業銀行を経て、PwCに2003年に入社
PwCでは、10年以上に渡りプライベートエクイティファンドや、事業会社がM&Aを行う際の財務デューデリジェンス/バリュエーション/事業再生等の財務アドバイザリーサービスを提供。
PwC在職中に金融機関へ2年間出向し、国内外の中堅中小企業に対する投資業務を経験。
2014年より当社に参画し、当社事業計画の策定/連結決算体制の構築、資本政策の立案等の内部管理業務に従事。
一橋大学 商学部卒 公認会計士

神邊 陽

コンプライアンス部長

特許事務所に勤務後、あすかアセットマネジメント、アメリカンエキスプレスに入社。
あすかアセットマネジメント在職中に外国籍ヘッジファンドの金融商品取引法対応、証券取引等監視委員会による臨店検査対応を経験。アメリカンエキスプレスでは、割賦販売法・貸金業法関連の規制対応、反社会的勢力対応、AML/KYC対応業務等に従事。
2015年より当社に参画し、内部監査業務に従事後、コンプライアンス業務の全般を統括。
ミシガン大学美術・デザイン学部卒。
上智大学法学研究科法曹養成専攻修了。