経営理念・コンセプト

当社の経営理念と、基本コンセプトをご説明します。

Management Policy経営理念

Cross Border

当社は、あらゆる垣根を超え、
日本の強みを基盤として世界に広がる成長分野や成長可能性への投資を中心に、
産業界・投資業界の幅広いネットワークを通じ、
ユニークな投資機会を見出すことを目的としています。

Basic Concepts基本コンセプト

当社の基本コンセプトは、以下のとおりです。

1.成長機会の存在

当社の投資アプローチは、マクロトレンドに基づく単純ながら具体的な成長の仮説を立てることに始まります。

日本は成熟社会で自らの追加成長余力は限られていると言われがちですが、国内に存する潤沢な事業資源を利用することにより、マクロトレンドが変化する中で、クロスボーダーなアプローチで新たな成長が生まれたり、既成概念を破る考えによって新たなエコシステムが創造される余地が確実に存在します。

参入障壁が低ければ過当競争になりますが、逆に障壁が高ければ、その壁の向こうには、それを乗り越えた者にしか手にすることができない大きなビジネスチャンスがあります。

2.障壁の突破

当社は、誰よりも先にそのような障壁と機会の存在を突き止めたいと考えています。

マクロなトレンドからすると需要があってもおかしくないのに、そのようなサービス提供者が存在しない場合、そこには何がしかの理由があります。それは規制の問題であったり、既存勢力からの圧力であったり、もしくは単に創造性の欠如が理由かもしれません。またはリーダーの閉鎖的な思考や外地における信頼できるパートナーがいないことに起因するかもしれません。

しかしそのような心理的・地理的障害も、適切な人材と組んで適切なアプローチを取ることで乗り越えることができるのであれば、当社はそこに大きな可能性を見出し、ファイナンシャル・パートナーとしてクロスボーダーな成長をサポートします。

3.既成要素の新たな組み合わせ

新しい製品・サービス若しくは技術の開発には多くの場合、費用とリスクが伴いますが、残念ながら結果として古いアイディアの延長でしかないこともあります。一方で既存の立証された要素を組み合わせて新たなアイディアを生み出すことは、コストが安く実現可能性が高くなるだけでなく、それでいて世の中をアッと驚かせることもできます。

当社は、そのような創造的な事業家による概念的な突破力を評価し、彼らが新たな事業分野でトップを走り続けることをサポートします。

4.日本のノウハウ

当社の投資は中国を始めとするアジア各地にも広がっており、当然ながら現地で信頼できるパートナーを見つけることは、事業と投資の成功のためにも非常に重要です。

ただ、当社の海外での投資アプローチは、現地のリソースだけであったり日本の技術を一部利用するだけで成り立つような事業の成長に相乗り投資することは目的としていません。日本の産業界リーダーたちとの密接な関係を活かし、世界で最も競争の激しい市場である日本で培われたノウハウがあるからこそ海外で成長し現地パートナーとの関係強化を図ることができるような事業投資を、積極的な金融パートナーとしてサポートすることが当社の狙いです。

当社は、まだまだ未開拓のフィールドがあると考えています。