マネー・ロンダリングおよびテロ資金供与対策に関する方針

株式会社マーキュリアインベストメント(以下、「当社」といいます。)は、以下の基本方針に基づき、マネー・ロンダリングおよびテロ資金供与(以下、「マネー・ロンダリング等」といいます。)の防止に取り組みます。

1.基本方針

当社は、マネー・ロンダリング等を防止することが経営上の重要課題であると認識し、適用される関連法令等を遵守するための適切な管理態勢を整備・運用します。

2.組織態勢

当社は、マネー・ロンダリング対策統括責任者をコンプライアンス部担当役員とし、マネー・ロンダリング等の対策責任部門であるコンプライアンス部は、営業IR部及び管理部と協働しマネー・ロンダリング等の対策に取り組みます。

3.マネー・ロンダリング等に係るリスク評価

当社は、当社の業務に内包されるマネー・ロンダリング等に関するリスクをリスクベース・アプローチの考え方に基づき特定・評価し、そのリスクに応じた低減措置を策定します。

4.顧客確認

当社は、取引時確認を適時・適切に実施するよう、社内態勢を整備します。また、顧客との取引における顧客属性・運用商品・取引形態・国(地域)等の要素に応じリスクを軽減する措置を実施します。

5.疑わしい取引の届出

当社は、疑わしい取引に関するモニタリングの実施し、疑わしい取引を検知した際は当局への届出を適時・適切に実施するよう、社内態勢を整備します。

6.研修等の実施

当社は、役職員に対する指導・研修等を実施し、マネー・ロンダリング等の防止に関する知識を深め、その重要性の周知に努めます。

7.内部監査

当社は、マネー・ロンダリング等の防止にかかる社内態勢に関する内部監査を定期的に実施し、その監査結果を踏まえた社内態勢の改善に努めます。