ポートフォリオ

分野別に当社の投資実績をご紹介します。

Real Estate不動産投資

競合の激しい一般的なオフィスビル・住居ではなく、特徴のある不動産や用途の定まった企業用不動産をターゲットにしています。

China Central Place

世界の工場として外資が集中した中国南部や、商業都市上海の発展に続き、今後大きな期待がかかる中国の内需拡大を見据えて、私たちは政治・行政の中心である北京の不動産投資に大きなチャンスがあると考えました。
成長投資を通じて築いた中国各界との太いパイプのおかげで、北京で有数の立地・スペックを有するChina Central Placeプロジェクトについて早期に参画を打診されました。そして2006年にSPCを組成しそのメインとなるオフィスビル2棟を建設途中で購入しました。これは、日系不動産ファンドとしては中国国内における初めての大型投資案件となりました。
中国における不動産購入には施工品質などさまざまなリスクがありますが、海外プロジェクトの経験が豊富な日建設計のプロジェクトマネジメントのもと、2007年初、北京トップクラスの競争力を持つオフィスビルが完成しました。

本オフィスビルは、Central Business District (CBD) に位置する商業施設・ホテル・住宅が一体化したハイスペックな複合開発区にあり、従来の商業地域に比べて空港へのアクセスが格段によいため、中国国内市場開拓を狙う国際企業からの評価も高く、ほぼ満室の状況が続いています。プライム・オフィス市場の需給環境がタイトな中、本オフィスビルの投資価値も大きく上昇しています。

2013年12月にChina Central Place はSPRING REITとして香港証券取引市場への上場を達成しました。